ビタミンCがどうしてニキビ予防になるのか

何歳になっても私たちを悩ませるニキビ。美容の天敵ですよね。

ニキビを予防するためにはビタミンCがいいというのを知っていたでしょうか。ビタミンCがどうしてニキビ予防になるのか、詳しく紹介していきます。

美肌に欠かせない成分、ビタミンC

ビタミンCは美容のためになくてはならない成分です。ビタミンCに含まれる抗酸化作用は、皮膚に悪影響を与える活性酸素を無害化してくれる効果があります。さらに、ニキビの原因となる過剰な皮脂分泌を抑制する働きも。こんなに便利な成分ですから、どんどん消費されていってしまうんですよね。そのため、不足してしまい、結果肌を守れなくなってしまう、ということがあるんです。

また、ビタミンCの効果は肌を守るだけではありません。なんとコラーゲンを合成してくれる働きもあるんです。コラーゲンが体内に充分合成されれば、肌が再生されニキビ跡が目立たなくなるなんてことも。ここまでの働きをしてくれる成分ですから、不足してしまうというのはもったいないですよね。むしろ美容について考えるなら、最初に摂取すべき成分とも言えるのではないでしょうか。実は意外に簡単に摂取できるビタミンC。その摂取方法について紹介していきましょう。

食材で簡単に摂取!

成分の摂取と言えばサプリメントですが、ビタミンCは身近な食材で簡単に摂取できます。例えばオレンジやレモン、柿など。朝ごはんやデザートなどで摂取しやすいですよね。さらにパプリカやピーマン、ゴーヤでも摂取することができます。

ここで注意したいのがその食べ方。実はビタミンCは熱に弱く、水に溶ける性質を持っています。なので効率よく摂取するには生のまま食べるのが最適なんです。野菜はサラダに、フルーツはそのまま食べてしまいましょう。

いかがでしたか。ビタミンCの重要性、わかっていただけたでしょうか。野菜やフルーツなら、簡単に手に入る食材ですし気軽に摂取できると思います。美容について気になり始めた方、ぜひ試してみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*