たるみのない肌が顔の若々しさをつくる

たるみのない肌が顔の若々しさをつくるといっても過言ではありません。特に顔の下半分がリフトアップされていること、アンチエイジングにはそこが重要です。

たるみを防ぐ為に大切なのが、顔の筋肉を鍛えてあげるという事になります。
しかし、顔を目一杯動かして顔の筋肉を鍛える体操をすると皮膚に皺を刻んでしまう可能性も高いのです。

たるみ

そこでお勧めしたいのが、ガムを噛むということです。ガムを噛む事で簡単にしかも効率的にアンチエイジングが出来ます。
まず、ガムを噛む事で普段使う事の少ない顎舌骨筋を鍛えられます。顎舌骨筋を鍛える事で顎のたるみ、二重顎を解消出来るのです。
また、顔全体のリフトアップにとても効果的な側頭筋を鍛える事も可能となっています。

もちろん、ガムを噛むと口まわりの筋肉も鍛えられ、法齢線が気にならない様になります。

しかし、ガムのアンチエイジング効果は顔の筋肉を鍛えるという事だけではありません。
ガムを噛む事で分泌される唾液にもアンチエイジング効果が隠されているのです。唾液には若返りホルモンと呼ばれるパロチンが含まれています。
ガムを噛み唾液の分泌を促進すれば、若返りホルモンであるパロチンも十二分に分泌されるという事になりますね。

ガムには顔の筋肉を鍛えること、そして若返りホルモンを分泌させることでアンチエイジングが期待出来るという事が分かりました。
ですが、ガムを噛む上で注意をしなければいけない事があります。

ひとつは、ガムの噛みすぎは、咬筋を発達させてエラがはる恐れがあるという事です。ですから元々エラが気になる人は注意してください。

また、ガムを噛む時は口角をあげる様に意識してください。

口角を下げながらガムを噛むとアンチエイジング効果が半減してしまいます。

口角上げながら噛む事によって、キュッと上がった笑顔の素敵な顔を作る事が出来ますよ。
そして、片側だけではなく両方でバランス良くガムを噛むようにしてください。
片側だけで噛み続けると、歪みの激しい顔になってしまいます。

以上に注意すればガムは若々しい顔をキープする強い味方となってくれるでしょう。

つっぱり感がでないよう十分な潤いケアを

美しい肌を保つには日頃から正しいスキンケアをすることが大切です。多くの女性の悩みは小じわ、乾燥、敏感肌、しみ、たるみ、ニキビなどに集中しています。

それらに共通する対策としてまずは乾燥しない肌を保つことになります。乾燥は様々な肌トラブルの大きな原因となっていることが多いです。ここでは乾燥から肌を守るための方法をご紹介します。一番大切なのは、洗顔です。洗顔は必ず泡立てネットを使用して洗顔フォームを十分泡立て、その泡に肌の汚れを吸着させるようにそっと洗顔します。

泡立てが十分でないと肌に汚れが残ったり、顔をこすりすぎて必要な水分まで取り去ってしまうことになります。ですので洗顔時には必ず泡立てネットで十分泡だててから、泡で洗顔することが大切です。次に大切なのは、肌に十分な潤いを与えることです。洗顔後30秒以内に化粧水をつけます。

化粧水は必ずコットンを使用します。コットンにたっぷりと保湿化粧水をとり、肌をなぞるようにつけます。その後新しいコットンに化粧水をとり、今度は肌をパタパタと叩き込んで化粧水を肌にしみこませるようにつけます。化粧水は惜しみなくたっぷりとつけることが大事です。

肌にうるおいが戻ってきたところで、美容液をつけます。必ずヒアルロン酸、コラーゲンを含んだものをつけるようにします。

それらは乾燥肌にうるおいをもたらす大切な肌成分です。そしてさらに乾燥が気になる目元や口元は、目元専用美容液、もしくはアイクリームをつけて乾燥を防ぎます。小じわが気になり出すのは目元と口元であることが多いです。ですのでこれらの箇所は特に念入りに保湿することが大切です。その後乳液をつけて肌から水分が蒸発しないように蓋をします。潤い感が物足りないと感じる時には、ナイトクリームをつけます。これから寒くなるシーズン、特に乾燥が気になることが多いので、つっぱり感がでないよう十分な潤いケアをすることが美肌へと導いてくれます。

乾燥肌にも最適なホワイトニングリフトケアジェル